アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「手稲山冠雪」のブログ記事

みんなの「手稲山冠雪」ブログ


4年ぶりサボテン開花。つづき

2013/10/22 19:46

前回、10月11日の日記では、
花芽が再度伸び始めたところまで載せて、
開花写真は2009年の時の物でしたが、

今年も以前の時の様に、
一旦はうなだれていた花芽が、
蕾の膨らむにつれ、上向き始め、
14日の早朝、ついにほころび始め、
その午後には、8分まで開花。
翌15日には満開を迎えてくれました。

蕾が膨らみ始めたところから載せたいと思います。
先ずは、このサボテンが、
最初にウチに来た時の写真。
画像

このサボテン自体が、親株から分球されたもので、
当時千葉にお住いの方よりの頂き物。
左に見えてるのはウチにあったもので、
一緒に植えています。
咲いたのは中央の大きい方で、今も同じ鉢を使っているので、
5年間の成長ぶりもお分かりいただけるかと。


さて、11日までは、しなだれて心配だった花芽も、
天候の回復に伴ってか、
13日にはこの様に力強さが出て来ました。
画像


そして14日の早朝、
愈々ほころびてきました。
画像
奥の花はロべリアとアリッサム。
20年以上ウチに居るサボテン「金晃」


この日はポカポカ陽射、
同日の昼頃には更に開花が進みます。
画像
バックの花はゼラニウム各種。


あちこちへ、花が見栄えするように置き換え、
(バケツや雑物が写り込まないように…)
幾つもの鉢移動させながら、
間違ってひっくり返さないようにヒヤヒヤしながら、
撮るのに苦心惨憺しています(;^_^)

ランチをとったら眠くなって少し寝てしまい、
既に午後2時近く、
一段と開いた感じがします。
画像


日が傾いてきたものの、
ほぼ満開に近くなって来たのでまた撮影。
画像

強いもので、
花芽出来た頃は腫れ物に触るような気持ちで、
8度以下の夜は取り込んでいましたが、
花は寒い方が長持ちする事もあり、
5度近くの夜も出しておきましたが、花は萎れず。


夜から雨となり、翌15日も小雨交じりの天気。
しかし満開はピークを迎え、
雌蕊が中心に開いているのがわかりました。

室内窓際でライト光をミックスしての撮影。
画像


16日になっても花はまだ持ってくれました。
相変わらず曇天続き薄暗いので、
自然光とのミックス光で撮りました。
画像

流石に翌日は一気にしおれ、
楽しませてくれた花も終わりを迎えました。
前回の時より、満開になってから長持ちでした。

それにしても10月中旬に開花を見るとは思いもよりませんでした。
子が出てきた時、栄養にと、
トマト用のペレット肥料をすり潰し、
液肥にして与えたのが効いたのかもしれません。
来年は、鉢を大きいのに替えてやらねば。


オマケ
これが、夏からの家のベランダ。
道路から目立つので、通行の方が眺めて行きます。
うっかり裸でウロチョチョロしておれない(;^_^A ・・・
皆さん、女の人が手入れしてると思われてた様で。
画像

78円ポット苗でも秋までよく咲くペチュニア
と、ビオラ、パンジー
画像

画像


百均のミニサボテンにも花が付きました。
画像
画像


ミニ薔薇、ペチュニア
画像

右のメロカクタス。
花の代わりに、花座の中で自家受粉。
種を内包した子房がニョキニョキ花の様に。
画像
画像


そして、ついに私の背丈に達した菊の鉢。
ふた鉢あって、其々7〜8本立っています。
果たしてまた正月も廊下で越冬になるのか・・・
何しろ出し入れ大変┐(~ー~;)┌
画像


更に追加オマケヽ(∇ ̄*)
先日の台風26号崩れの温帯低気圧で、
一時冬型威圧配置にになって道内各所、
初雪の折、札幌では隣接の山に冠雪が。
三浦雄一郎さん設計のコースある、
「手稲山」の冠雪です。20日でも残ってました。
画像

そして最初の紅葉
画像


        


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


トップへ | みんなの「手稲山冠雪」ブログ






フルーツショッピング


-降水短時間予報-


更なるものぐさブログ 手稲山冠雪のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる